MENU
▼ジアミンアレルギーの私が唯一使えたジアミンフリーの白髪染め▼
しっかり染まるし、かゆくならないのでもう手放せません!



「ジアミンアレルギー」とは?ジアミンアレルギーの症状について

「ジアミンアレルギー」という言葉を聞いたことがありますか?ジアミンとはPPDA、パラフェニレンジアミンという化学染料のことを言います。ヘアカラー剤に含まれているのですが、ジアミンが原因で重篤なアレルギー症状を引き起こすこともあるのです。

 

ジアミンは、一般的なヘアカラー剤、特に白髪染めに配合されています。ドラッグストアなどで売られているものはもちろん、美容院で使われているヘアカラー剤の多くにはこの「ジアミン」が配合されているのです。

 

なぜジアミンアレルギーになるのか

 

ジアミン入りのヘアカラー剤を使うと、多かれ少なかれ頭皮の血管から「ジアミン」が吸収されていきます。吸収されたジアミンは内臓や肝臓へと蓄積されていき、ジアミン量が体内で耐えうる容量を超えると「アレルギー」として発症する、というわけです。花粉症も、去年まではなんともなかったのに!ということも多いですよね。それは、今年になって花粉量が自分のキャパを超えてしまったからです。ジアミンに関しても同じで、この容量は人によって違います。

 

つまり、「ジアミンアレルギー」も花粉症同様、いつ発症するか分からないのです。

 

ジアミンアレルギーの症状

 

では、ジアミンアレルギーにはどのような症状があるのでしょうか。比較的軽い症状としては、

 

  • 頭皮のかゆみ
  • かぶれ
  • ヒリヒリ感

 

などがあります。ヘアカラーをした時、頭皮がピリピリと痛くなったことのある人はいませんか?これはジアミンに対し、体が拒否反応を起こしている証拠なのです。そして更に症状が重くなると、

 

  • 顔がパンパンに腫れる
  • 呼吸困難
  • 結膜炎
  • 気管支喘息

 

などが起こることもあるのです。
過去には、ジアミンアレルギーが原因で命を落とした例もあるそうです。

 

初めてヘアカラーをする人もそうでない人も、ヘアカラーを使う前には必ず「パッチテスト」を行うようにしてください。この間までは問題なかったのに…ということも少なくありません。

 

もしも少しでもおかしい、かゆみや痛みがあるという時はジアミン入りのヘアカラーの使用は控えましょう。今はジアミンの含まれないヘアカラートリートメントなどもあります。「ルプルプ」のヘアカラートリートメントは、口コミでも大人気の商品です。ジアミンアレルギーの重い症状が出る前に、白髪染めは「ルプルプ」のヘアカラートリートメントに変えてみてはいかがでしょうか?