MENU
▼ジアミンアレルギーの私が唯一使えたジアミンフリーの白髪染め▼
しっかり染まるし、かゆくならないのでもう手放せません!



ジアミン系染料不使用で人気のヘアカラートリートメントについて

「ジアミン」という強い有害性をもつ成分は、主に白髪染めなどのカラーリング剤に使われています。ジアミンの持つ強い有害性が認められてからも、未だに多くの白髪染めに使われているのは事実です。現に、二つの薬剤を混ぜて使うタイプの白髪染めにはジアミンが含まれています。
今までは「ジアミンなしでは髪は染まらない」と言われていましたが、そんなことはありません!ジアミンなしの白髪染めも多数販売されています。

 

一番人気のヘアカラートリートメントってどんな白髪染めなの?

 

ジアミンなしの白髪染めでもっとも人気なのは「ヘアカラートリートメント」です。トリートメントを塗る感覚で使えるという手軽さと、トリートメント並のさらさらの仕上がりが人気の秘密です。

 

通常のジアミン含有の白髪染めは、キューティクルを開いて脱色し、髪の毛の内部に色を入れていきます。そのためどうしても髪は傷んでしまいます。その点カラートリートメントは、髪の毛の表面をコーティングして色をつけていくので、キューティクルが乱れる心配はありません。切れ毛や枝毛になることもありませんよ。

 

ヘアカラートリートメントは髪や地肌にやさしい低刺激タイプなので、お風呂で素手で簡単に使うことができるのも魅力の一つです。

 

おすすめのヘアカラートリートメントは?

 

では、おすすめのヘアカラートリートメントは何なのでしょうか。髪のダメージを気にせず、なおかつしっかりと白髪は染めたい!という人には「ルプルプ」のカラートリートメントがおすすめです。天然植物の力でしっとり仕上がるにも関わらず、微アルカリ性のためしっかり染めることができるのです。カラーリング剤はアルカリ性のほうがしっかり染まるのですが、その分傷みもひどいです。「染まる」と「傷む」は比例しているので、どちらかを犠牲にしなければいけませんでした。ルプルプのph8という数値は、「染めやすく傷みにくい」ベストな数値なのです。

 

また、ルプルプには赤みのあるブラウンなどもあるので、若い人にも人気があります。「ジアミン」という有害物質の含まれないヘアカラートリートメントで、髪の健康を守りつつ白髪をきれいに染めちゃいましょう!