MENU
▼ジアミンアレルギーの私が唯一使えたジアミンフリーの白髪染め▼
しっかり染まるし、かゆくならないのでもう手放せません!



ジアミン不使用の白髪染めヘアカラーについて

突然ですが、「白髪染め」と聞いて、あなたはどのような方法・商品を思い浮かべますか?おそらくほとんどの人が、ドラッグストアなどで売られている二つの薬剤を混ぜて使うもの(泡タイプ、クリームタイプなど)や、美容院でのカラーリングを思い浮かべるのではないでしょうか。これらメジャーな白髪染めには、「ジアミン」という化学染料が含まれています。

 

ジアミンとは何か

 

ジアミンとは、ヘアカラーの染料に使われている成分です。ヘアカラー剤で髪の毛が染まるのは、ジアミンなどの「酸化染料」と「過酸化水素」が化学反応を起こすためです。これらでまず髪の毛から色素を抜き(ブリーチ)、そのあとで色を入れていくという仕組みです。
しかしこのジアミンは重いアレルギーを起こす可能性があるなど、有害性が認められている成分でもあるのです。

 

ジアミン不使用の白髪染めとは

 

ジアミンが「染料」、色を入れるためのものなら、「ジアミン不使用」のものは染まらないのでは?と思う人もいるでしょう。確かに一昔前まで、ジアミンなしではカラーリングをするのは不可能と言われていました。それが今、「カラーリングトリートメント」という形でジアミン不使用の白髪染めは実現したのです。

 

ジアミン不使用の白髪染めでおすすめなのは、「ルプルプ」のカラーリングトリートメントです。ルプルプはフコダイン・ベニバナ・クチナシ・アオイなどの天然成分のみで作られています。手荒れが治るほどの保湿力を誇るガゴメこんぶを使用しており、肌の弱い人でも安心して使うことができますよ。染まりやすく落ちにくい、微アルカリ性となっています。

 

「ルプルプ」はトリートメントなので、使うたびに髪に潤いや輝きが増してきて、ハリやコシも出てきます。カラーリングはどうしても髪を傷めてしまうので、その点から考えても良いものと言えるでしょう。

 

「ジアミン」という化学染料の含まれていない白髪染めが、これからの白髪染めの主流となっていくのかもしれません。