MENU
▼ジアミンアレルギーの私が唯一使えたジアミンフリーの白髪染め▼
しっかり染まるし、かゆくならないのでもう手放せません!



ジアミン系染料とは?

白髪染めなどのヘアカラー剤に使用されている「ジアミン」という成分をご存じでしょうか?詳しくは知らなくても、聞いたことくらいはあるかもしれませんね。最近では「ジアミンアレルギー」という言葉も、かなり世間に浸透してきたように感じます。ここでは、今さら人には聞きづらい「ジアミン系染料」について、詳しく説明したいと思います。

 

ジアミン系染料とは何なのか

 

「ジアミン」とは、パラフェニレンジアミンという化学染料のことをいい、PPDAと呼ばれることもあります。ジアミンは化学薬品ですが、そんなに悪いものなのでしょうか?
ジアミンは、カラーリングの際に「髪の毛を染めやすくする」ための成分です。これだけ聞けば、「キレイに染まるなら悪いものではないのでは?」と思うかもしれませんね。確かにジアミンには、染めた髪色を長持ちさせるというメリットはあります。

 

さて、ではジアミンはどのように作用して髪の毛に色を入れているのでしょうか。それは、化学反応によって髪の毛のキューティクルを開かせ、そこに染料を入れて毛の内部を染めるのです。強引にキューティクルを開くため、染めたあとの髪は傷んでパサパサになってしまいます。切れ毛や乾燥などを引き起こすきっかけにもなります。

 

それだけではありません。「ジアミン系染料」を使い続けると薄毛の原因となったり、ひどいアレルギー症状が出ることもあるのです。頭皮のかゆみや炎症、肌トラブルなどはすべて、ジアミン系染料によるアレルギー症状なんですよ。「ジアミン系染料」は髪の毛を染めやすくし、なおかつその色を長持ちさせることができますが、肌やからだのことを考えたらあまり使いたくない成分と言えそうです。

 

ジアミン系染料のない白髪染め

 

ジアミン系染料の入っていない白髪染めというのがあります。手軽でおすすめなのは、「ルプルプ」のヘアカラートリートメントです。ルプルプは天然植物成分のみで作られていて、ジアミンはもちろんからだに負担となる成分は含まれていません。ドラッグストアで買える白髪染めもいいですが、先のことを考えたらジアミン系染料の入っていない白髪染めを選びたいものです。