MENU
▼ジアミンアレルギーの私が唯一使えたジアミンフリーの白髪染め▼
しっかり染まるし、かゆくならないのでもう手放せません!



「ヘナ」にはジアミン系染料は含まれないの?

ジアミン系染料というのは、白髪染めなどに含まれる化学染料のことです。アレルギー性の接触皮膚炎を引き起こす原因となることが分かっており、アレルギーが発症してしまった人はもちろん、これから先のことまで考えたら、できるだけ「ジアミン系染料」の含まれていない白髪染めを使いたいものです。

 

ヘナとジアミン系染料

 

ジアミンの含まれないヘアカラーと聞いて、真っ先に思い浮かぶのは「ヘナ」ではないでしょうか。美容院などでも「ヘナ」を使ったカラーリングは人気がありますよね。では、ヘナには100%ジアミンは含まれないのでしょうか。

 

結論から言いますと、答えはノーです。もちろん「ヘナ」には天然100%、ノンジアミンのものもあります。しかし他にも

 

  • 化粧品登録されているもの
  • ジアミン含有のもの
  • ジアミン以外の染料を含むもの

 

などがあります。これらはすべて「ヘナ」であることに違いはありません。つまり、「ヘナ」だから絶対にジアミンは入っていない!ということではないのです。

 

ヘナはその色合いから、「明るい色」なら天然のみで作り出すことが可能です。しかし白髪染めなどの「暗い色」は、ジアミンなどの染料を使わないと出すことができないのです。白髪染めのカラー展開は、ナチュラルブラックやダークブラウンなどの暗い色ばかりです。つまり、「ヘナ」であっても白髪染めの場合には、ジアミン系染料が使われていることが多いということです。

 

ジアミン系染料の使われていない白髪染めはあるのか

 

明るい色ならヘナがありますが、白髪染めの場合は「ジアミン系染料なしのもの」はあるのでしょうか。ヘアマニキュアやカラートリートメントにはジアミンなしのものが多いです。特におすすめなのは「ルプルプ」のカラートリートメントです。一度でしっかり染まる、髪の毛にツヤが出たなど口コミでもとても人気なんですよ。ルプルプにはジアミン以外にも、染料など肌に負担となる成分は含まれていません。フコダインを始め、天然植物のみで作られているのです。ですから、ジアミンアレルギーの人はもちろん、肌や頭皮にやさしいものを探しているという人にもおすすめします。

 

髪にやさしく、なおかつしっかり白髪が染まるものを探しているという人は、ぜひ「ルプルプ」のカラートリートメントを試してみてください!