MENU
▼ジアミンアレルギーの私が唯一使えたジアミンフリーの白髪染め▼
しっかり染まるし、かゆくならないのでもう手放せません!



ジアミン系染料が入っていない白髪染めはどれ?

「ジアミン」とは、髪の毛を染める際に「色を入れる」ための成分です。ジアミンなしではカラーリングはできないと言われていたほど、ジアミンはカラーリングにおいて重要な存在でした。しかしその一方で、ジアミンには「強いアレルギー性」があることが分かったのです。ジアミンは体内に蓄積されていくので、いつ容量を超えてアレルギー症状が出るかは分かりません。重篤なジアミンアレルギーになると、命を落とすこともあるのです。

 

ジアミン系染料が入っていない白髪染め

 

ジアミン系染料は、主に暗めの色をつけるときに必須の成分です。そのため、従来の白髪染めにはほぼ確実にジアミン系染料が使われていました。しかし上記で説明したように、ジアミンの有害性が認められてからは「ジアミンが入っていない白髪染め」というのも増えてきています。

 

どんなものがあるのかというと、染毛料と呼ばれるものがあります。この染毛料は化粧品に部類されるので、肌に害となるものは使われていません。ヘアマニキュアやカラートリートメントなどがそうですね。

 

一般的な二つの薬剤を混ぜて使う白髪染めは、混ぜたときに起こる化学反応によって髪の毛のキューティクルを開き、色素を抜き、更に色を入れるという行程で行われています。髪へのダメージはご想像の通りです。

 

ヘアマニキュアやカラートリートメントは、無理にキューティクルを開いたり色素を抜くことはありません。髪の内部ではなく外側をコーティングしていくイメージですね。そのため、1〜2週間ほどで元の髪色に戻ってしまいます。とは言え、一般的な白髪染めも1ヶ月ほどで色が落ちてしまうので、「色持ち」に対しては大差ないのかなと思います。

 

カラートリートメントがおすすめ

 

ジアミン系染料が入っていない白髪染めでおすすめなのは、カラートリートメントです。トリートメントなので素手で使うこともでき、なおかつ使うたびに髪の毛がキレイになっていくのです!白髪染めは定期的に行わないわけにいきませんから、そのたびに髪を傷めるより、髪のダメージをケアしてくれるもののほうが良いですよね。

 

「ルプルプ」のカラートリートメントは天然成分のみで作られていて、他の白髪染めトリートメントよりも断然安いです。定期的に使うものだからこそ、「値段」も安い方が嬉しいですよね。初回はお試し価格で1本1980円で購入できますよ。